Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息抜き

仕事に少しずつ慣れてきた一方で、仕事の進め方や人間関係に関して悩むことも出てきました。
心身ともに週末でうまくリフレッシュして翌週の仕事に臨む、という良いサイクルを早く確立せねばと思います。
 
これまでは、家にこもって疲労回復するだけで終わることが多かった週末。
この週末は、久しぶりに活動的に過ごしました。

土曜日
雨が上がるのを待って、午後からTDLへ行きました。
家族で大好きな「スーパードゥーパー・ジャンピンタイム」と「ワンマンズ・ドリームⅡ」を鑑賞しました。
「ワンマンズ・ドリームⅡ」は、17時半の回を最前列中央で、19時の回を前から3列目で、計2回も観ました。
ママはお気に入りのダンサーさんが出演しているのを見て、しばし癒されました。
 
日曜日
お姉さんと区民プールへ行きました。
お姉さんは、腰につける浮き輪もビート板も使わずに、数メートル泳げるようになりました。
  
改めて、体はきつくても、無理やりでもいいから仕事のことを忘れられる時間を作ることが大事だなと思いました。
 
20110611.jpg
スーパードゥーパー・ジャンピンタイムの開始まで、座って待つ姉妹。

復職して1ヶ月が経ちました

復職して早1ヶ月が経ちました。
毎日、へとへとになって帰宅します。
復職前は「仕事に戻りたくない」とばかり思っていた私ですが、職場へ戻ると「もっと頑張りたい」と仕事への意欲が俄然高まってきました。
 
1週目は、連休もあって、身の回りの手続きで終わりました。
2週目は、電話口の相手の名前も耳に残らず、部署の人の名前と顔も一致せず、冷や汗な毎日でした。
3週目に突然仕事を頂いてからは、あっという間の2週間でした。
 
プレッシャーと時間に追われたこの2週間。
毎週、月曜日が終わると早くもどっと疲れが出てしまい、保育園のお迎えの時に保育士さんにご心配頂いた程でした。
 
仕事に復帰して、改めていろいろなことに感謝せずにはいられません。
「子供を長い時間お世話して頂けて、初めて働ける身であること」
を、お迎えに行くたびに実感します。
職場では、上司や周りの多大なサポートで何とか仕事をこなしている毎日。
それでも、「今の状態が一番レベルが低いのだから、これからはどんどん上って行って恩返しするのみ」、と自然と思えるのです。
 
今年の目標は「タフ」になること。
頑張ります☆

新生活スタート

久しぶりの更新です。

4月に入り、姉妹は揃って同じ保育園へ通い始めました。
姉妹の通う保育園は子供の気持ちを受け入れてくださり、その上で先を見据えながら導いてくれるとても素敵な園です。

ママから離れての日中の生活にとても不安を抱いていたお姉さんでしたが、徐々に慣れてきて、今では保育園での楽しい様子が日々伝わってくるようになりました。
 
私はと言うと、4年ぶりに仕事に復帰しました。
寝不足で体はきついですが、「4年のブランクを承知で復職したのだから、とことん頑張ってみよう」と、復職前よりも少し強くなっている自分がいました。 
とはいえ、その気概に脳ミソが追いついていないのが現実です・・・
 
毎日、夕方ヘロヘロになって保育園へお迎えに行くと、園に入るなり先生方がその日の姉妹の様子を話して下さいます。
それも担任の先生だけでなく、他の学年の先生や事務室の先生、キッチンの先生まで。
園全体で子供たちを見守ってくださっているんだなと、感謝の気持ちでいっぱいになります。
朝早くから私たちのお迎えの後まで、疲れているはずなのに、そのそぶりも見せない先生方を見て、私も頑張ろうと励まされる日々です。
 
20110529.jpg
仕事中、活を注入してくれるレッドブルのプルタブ。
突進する牛の形に綺麗に抜かれていて、お洒落です。



ひどい地震

無事です。

自転車に乗りたい

先日の体操教室で、レッスン終了後に、お姉さんよりひとつ年上の4歳のお姉さんが自転車を貸してくれました。
そのお姉さんにサポートまでしてもらって、お姉さんが嬉しそうに自転車をこぎます。
この様子をうらやましそうにじっと見つめる妹さん。
1年後には、お姉さんもお友達や後輩にこうやってサポートしてあげるようになるかしら?
 
その翌日、以前応募していた「子供用自転車が安く買える」抽選の、落選通知ハガキが来ました。
お姉さんはずっと

「当たりだといいな~」

と期待して待っていただけにショックも大きかったようで、

「私はどうして当たりでなかったの?当たりが良かったのにー」

とまるで自分が否定されたかのように落ち込んでいました。
 
ちょうど良い機会なので、お姉さんにくじ引きのやりかたを教えてみました。
紙袋に1から10までの数字を書いた紙を1枚ずつ入れて、あらかじめお姉さんに自分の番号を決めてもらってから、紙を1枚だけ引かせてみました。
「今回はたまたまお姉さんの番号じゃなかったんだよ。次はお姉さんの番号がでるといいね」と話すと理解してくれたようで、

「残念だったね~」

と言いました。その後しばらく、くじ引きごっこを姉妹で楽しんでいました☆

20110302a.png
「い~れ~て♪」by 妹さん

20110302b.png
お姉さんの嬉しそうな様子が背中からも伝わってきました♪

スケート初体験!

かねてからスケートをやってみたいと言っていたお姉さん。
たまたま行ったショッピングセンターに、「氷を使わないスケートリンク」が3日間の期間限定で設置してありました。
これはラッキーと、早速順番待ちの列に並びました。
 
床の上に立ってみると、氷を使っていないのにあら不思議、本物の氷のスケートリンクの上に立っているような感覚でした。
しばらくするとお姉さんの足捌きも慣れてきて、制限時間の15分間はあっという間に過ぎていきました。
次回は大きなスケートリンクに挑戦してみようかな☆
 
20110213c.jpg
緊張した面持ちで順番を待つお姉さん
 
20110213a.jpg
「スケートって楽しいね~♪」by お姉さん

雪だるまのお弁当

雪が待ち遠しいお姉さん向けに、「雪だるま」のお弁当を作ってみました♪
お教室のあと、お友達と公園で遊んだお姉さん。

砂場でお友達に「かまくらを作ろう!」と言っていました。
願いがかなうといいね♪

20110207.jpg

『100かいだてのいえ』のひみつ

吉祥寺美術館で開催中の「『100かいだてのいえ』のひみつ-岩井俊雄が子どもたちと作る絵本と遊びの世界展」へ行きました。
 
絵本ができるまでのスケッチが見られるほか、作者の岩井俊雄さんが我が子の為にとダンボールなどで作ったお店屋さんやレジ、クリスマスツリーといった手作りの作品が展示されていました。
どのおもちゃも、色使いがやわらかくて、とても可愛かったです。
 
家に帰ってから、お姉さんは「これ、見てきたね~♪」と、今まで以上に熱心に "100かいだてのいえ" と "ちか100かいだてのいえ" を読んでいます。

20110206a.jpg

20110206b.jpg
「100かいだてのいえ」を描く姉妹

MIMA国際交流フェスティバル

先週に続き、びゅんびゅん自転車で自由が丘にお出かけしました。
お店に注文していた靴を受け取る為です。
用事が終わると、パパが「じゃ、都立大学の方へ言ってみようか」と提案してきました。
 
自由が丘には、裏通りにちょっと入ると可愛らしいお店が軒を連ねているのです。
私は後ろ髪をひかれる思いでその場を後にしました。
 
都立大学でランチを取った後、お持ち帰りケーキを購入しました。
「さて、これをどこで食べようか?」と屋外のベンチを探しながら自転車をしばらくこいでいると、芝生の上に立ったテントが目に入りました。
それは、その日「めぐろパーシモンホール」で行われていた国際交流フェスティバルの出店のテントでした。
面白そうだったので、フェスティバルを覗いてみることにしました。
 
会場のホールの中では、各国の料理や物品の展示・販売、ショーなどのイベントが行われていました。
姉妹は英語教室のイベントに参加して、白い布製の手提げかばんに思い思いのペイントをして楽しみました。
 
また、ホールの外にあった公園に、姉妹は大喜びです。
お姉さんが、その場に居た5歳のお姉さんに
 
「私は○×(自分の名前)、3歳。あなたのお名前は?」
「一緒に遊ぼうー」
 
と積極的に声をかけ、意気投合し、くたくたになるまで走り回っていました。
 
20110205a.jpg
「お姉ちゃんたち、足が速いな~ 待って~」by 妹さん
 
20110205b.png
「5歳のお姉さん、6歳のお兄さんと一緒に会場内を散策する姉妹」
 
20110205d.jpg
イベントでペイントした鞄
 

節分

地域交流の節分イベントに参加しました。
屋外で、襲ってくる鬼たちに豆をぶつけて撃退するのですが・・・
 
お姉さんは、怖がりながら一所懸命に豆を投げます。
妹さんは、全く動じずに平然とその様子を眺めています。
姉妹の性格がそのまま出ていて面白いです。
 
また、別の日の体操教室で、「鬼が居る鬼が島から豆を盗み取るゲーム」をしました。
鬼が怖いお姉さんは妹に「とってきて」と指令。
すると妹さんは鬼が島へ走っていき、片手に持てるだけの豆を握り締めて、お姉さんの元へ届けます。
とても息の合ったコンビで可愛らしかったです。
 
写真は、自宅での鬼退治の後の惨状。
妹さんは一人黙々と、お豆の殻むきに勤しんでおられました。むく作業が気に入った様子です☆
20110203.jpg
一心不乱に豆の殻むきをする妹さんと、歳の数よりはるかにたくさん豆を食べたお姉さん

過去の節分・・2010年2009年2006年

Appendix

プロフィール

emi

  • Author:emi
  • 2004年7月 スイス旅行、ロートホルン鉄道にて

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。