Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「バベル」

試写会が当たり、夫と中野サンプラザでバベルを見てきました。

バベルは菊池凛子さんが
第79回アカデミー賞授賞式(2007年2月25日米ハリウッド)で、
日本人49年ぶりに助演女優賞の候補に選ばれた事が話題となった作品です。

菊地凛子さんの全身ヌード他、下品なシーンが何度かあり、
私的には好みでない作品でした。
夫は奥が深い映画だねと言っていました。
また、上映後、会場ではすすり泣く音が聞こえていました。
20070407a.jpg

スポンサーサイト

ゲド戦記を観て来ました

ジプリ、宮崎駿監督の息子、宮崎五郎の初監督作品、ゲド戦記を観て来ました。

ここのところ体調不良もあり、週末は家にこもりがちだったので、夫が出掛ける事を提案してくれました。
一日にポケットティッシュ10個を消化中の私は、鼻水が懸念されましたが(映画中に騒音を立てる訳にはいかないので)、何とか乗り越えました。

夫はメッセージが単純で深みがない、絵の質がこれまでのと比べてかなり低い、などとがっかりしていましたが、私は後半で主人公の二人が命について語っているシーンに感動しました。
私には分かりやすい方が良いみたい☆

20060812.jpg

試写会 ハイジ

試写会ハイジを観て来ました。

天真爛漫なハイジは行く先々で出会う人々を幸せにしてゆきます。
そんなハイジの綺麗な心にホロリと来ました。

心が疲れたときにみると良いかもしれません♪
20060703.jpg

試写会 幸せのポートレート

上京している母と試写会幸せのポートレートを観て来ました。

感想は・・涙をすする音もちらほら聞こえてきましたが、全体的には良く分かりませんでした。。

さて、明日は94の祖母を連れて箱根へドライブしてきます。
祖母は紫陽花が大好きなので、沢山咲いていると良いな♪

20060629.jpg

5/12~28の様子

ここ2週間ほど体調が芳しくなかったので、久々の更新。。
心配して下さった方、ありがとうございます。

ここ2週間の様子をまとめてアップ!

5月17日(水)
会社の先輩と夢駆ける馬ドリーマーの試写会に行ってきました。
主演は2001年「I am Sam アイ・アム・サム」や2003年「アップタウン・ガールズ」でもとっても可愛い姿を見せてくれている、ダコダ・ファニングちゃん12歳です。
20060517.jpg


5月18日(木)
昨日に続き、会社の先輩とダ・ヴィンチ・コードの試写会に行ってきました。開演ぎりぎりに会場についたので空いている席を探すのに苦労し、結局前から5列目で鑑賞しました。スクリーンがすぐそこで大迫力。
感想は「お金かかってるな~、殺人シーンは強烈、最後はよく分からなかった」そんな感じです。
でも、話題先を一足早く観られてちょっと嬉しいです☆
20060519.jpg


5月22日(月)
下の写真は、私たちが結婚式を挙げたSheraton Grande Tokyo Bayの最上階にある、ベイラウンジです。夜はバーとして営業しており、去年の結婚記念日に夫とここで素敵な時間を過ごしました。
毎年ここで寛ごうと心に決めていたのに、今年の予約をしようと問い合わせたら なんと今月末で営業終了だというではありませんか!!
その場所は、結婚式場としてリニューアルするそうです。
生演奏と東京湾に映る夜景がとっても素敵だったのに・・・
とても残念です。
20060528234211.jpg

 
5月23日(火)
延期されていた情報処理試験の合格発表日。
またもや午後で敗北。
会社の先輩が気遣ってくださり、夕食をご馳走してくれました。
いつも感謝です。

5月26日(金)
夫と友人達との恒例の飲み会。
1次会は、このメンバーではおなじみの、渋谷東急寿し常。
2次会は、夫が見つけてくれたamebarへ。
amebarはとっても素敵な場所でした。
会話が弾み、気がついたら0時を回っていました。
私以外の3人はアルコールも入ってほろ酔い気分。
そろそろ帰ろうよと声をかけたのが3時前・・・
私は調子が悪かったのもあり、とにかく家に帰って寝たかったので、カラオケへという3人に対して帰りたい宣言。
折角のほろ酔い気分だった3人をしらけさせてしまって、かなり反省・・・
20060526b.jpg


5月27日(土)
水害事故から3ヵ月半。再来週に元の部屋に引越しが決まりました。
これを機に少し買い揃えた家具が届いて、夫に組み立ててもらいました。
今は新しいカーペットにカーテン、家具とモデルルームみたいですが、
仮住まいに置いてある荷物をもっていくと一気に生活感たっぷりの部屋になりそう(><)

5月28日(日)
とある試験を受験しました。
合格ラインは8割です。今日の出来からすると合否は微妙ですが、7割はきっと取れているのでちょっと期待☆

映画「春が来れば」

チェ・ミンシク主演の韓国映画「春が来れば」を見てきました。

主人公のヒョヌ(チェ・ミンシク)はトランペッターとして名声を得るという夢を実現出来ぬまま、また、愛する人を幸せにする勇気もないまま中年の域に達していた。
そんなヒョヌは独り、都会から貧しい炭鉱町へと移り、中学校で吹奏楽部の先生となった。

廃部寸前の吹奏楽部を部員とヒョヌがコンクールに向けて挑戦する中で、生徒も先生も成長していくという物語だと思いました。

ゆったりとした音楽にのって、のんびりと話が進んでゆきました。
大きな感動は無いけれど、すこしのんびりしたい時に見ると良い映画かな。

20060308.jpg

映画「四日間の奇蹟」

会社の先輩が貸してくれたDVD「四日間の奇蹟」を観ました。

主人公、真理子(石田ゆり子)は落雷事故に遭った少女、千織(尾高杏奈)を救い、危篤状態となる。
この事故で真理子と千織の心は入れ替わり、真理子は命の期限である4日間を千織の体で過ごす。
 
少女の保護者である敬輔(吉岡秀隆)は、過去の別の事故で千織を救う為に指の神経を断裂し、将来を嘱望されていたピアニストとしての未来を失っていた。
 
真理子と敬輔が、共に過ごす4日間の中で生きる意味を見出していく、というストーリーだと感じました。
 
真理子がこの世を去っていくときの
「この世に未練が無いわけじゃない、先に去っている両親の元に生んでくれてありがとうと胸を張って言えるわ」
という言葉に心打たれました。
 
20060211.jpg

ミート・ザ・ペアレンツ2

20051117.jpg


仕事帰りに試写会へ行ってきました☆
厳格な父を持つ女性と天然ボケな父を持つ男性が結婚前に両親を合わせたその席での様々なハプニングを描いた映画。

ハチャメチャなコメディタッチ。
ありえな~いストーリーだし、深みは無いけれどサラッと理屈抜きに楽しみたいときにはいいかも。

宮崎駿 魔女の宅急便

majotaku2.jpg


今夜の金曜ロードショーで魔女の宅急便を夫と二人で見ました。
魔女の宅急便は宮崎駿監督作品で一番好きなアニメです。

飛行船から落ちてゆく友達のトンボの手を、デッキブラシに乗ったキキがキャッチするラストシーンにはいつも涙腺が緩みます。もう数え切れないくらい見ているのに(^^;

エンディングのユーミンの『優しさに包まれたなら』は、私達の披露宴中にエンディングロールで流した思い出の曲。純粋な気持ちになれる素敵な曲です。

久しぶりの試写会

okusama.jpg


今日はニコール・キッドマン主演の「奥様は魔女」を見てきました。ニコール・キッドマンがとっても綺麗で、可愛かったです。
コメディタッチでさらっと見られる映画でした。

それにしても毎日暑いです。
周りの人は例年に比べて暑さが穏やかだと言っていますが、私は早くも夏バテしてます。。

Appendix

プロフィール

emi

  • Author:emi
  • 2004年7月 スイス旅行、ロートホルン鉄道にて

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。